♪ただいまの時刻は・・♪


♪記事♪

  • スポンサーサイト
  • 食べ物編(in ソウル4/30~5/6)
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2010年05月23日 (日)
  • 23時21分54秒
by AlphaWolfy

♪最近のコメント♪

データ取得中...

♪カテゴリー♪


♪過去の記事♪

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@


プロフィール

♪みー♪

Author:♪みー♪
k-popバラード歌手Timくん大好き。
最近は、遠くの親せきみたいです(笑)

気まぐれ更新です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンの調子が悪く、せっかく書いた文章が消える・・・。そんなことに数回みまわれ、若干やる気をなくしている今日この頃・・・

久々に続きです

さて、ソウルで食べたもの。
お店の名前がわからないところもありますが・・・

「青受亭」
三清洞にあります。
ムール貝の炊き込みご飯を出してくれるお店で、通常は2人前からなんですが、「トシラク」(日本語言うと、「お弁当」)というメニューは1人前からでも注文できます。
料金は7,000ウォン

ご飯の味は薄味ですが、「パンチャン」(おかず)の味がしっかりとついていて、ちょうどいいバランスです。割合人気のお店のようで、お客さんは次々と入ってきますが、広いお店ではないので、時間帯によっては並ばなければならないかもしれません。
towiraku

「ジルシル」カフェで、餅で作ったケーキが鮮やかで、おいしそうです。
インサドンの道沿いにあります(私が行ったのは、たぶん支店です。)
うめちゃ

ご飯のあとに行ったので、ケーキまで食べれませんでしたが、「メシル茶」(梅茶)を注文。

メシル茶

常温の梅ジュースに氷入れました。という感じ(飲むとぬるかったから・・・)が残念でしたが、あの餅ケーキを食べるべく、次回は本店に行ってみたいと思います。
しかも、梅茶は、お昼ご飯と同じ値段。韓国って、お茶とかコーヒーってものすごい高いのか、食べ物がものすごく安いのかよくわからないけど・・・日本で言うと、妥当な値段なので、食べ物が安いのでしょうね・・・。


「ポンチュク」(本粥?)
おかゆやさんです。友達に聞いた情報の記憶が間違っていなければ、「花より男子」(韓国版)のつくしがバイトしていたとかで有名になったらしい。。。

何店舗かあるようですが、行ったのは、明洞ミリオレの近くのミスタードーナツとスタバがある道の向かいの建物の2階。

驚くことに、お客は、すべて日本人でした・・・(私達もですが・・・)。
ソウルナビとか、ガイド本にのっているんでしょう。
味はおいしいです。私が食べたのは「鶏のおかゆ(タッチュク)」。
ポンチュ


おかゆの種類がめっちゃあって、選ぶのに迷います。メトロホテルの近くにもあるようです。
料金は7500ウォン程度。おかゆによって違いますが、ぜひ行ってみてください。

「シンポウリマンドゥ」
Konestというサイトに載っていたのでいってみました。
餃子のチェーン店です。
江南駅6番出口を直進し、「GIORDANO」という店を左に曲がればあります。

入れ替わりの激しいソウル。曲がり角の目印の店がなくなっていても大丈夫
江南には珍しい、屋台が並んでいるとおりにあります。
6番出口から200メートルすすんで、左。と書いてあるのですが、まぁそんなもんだったとおもいます。平日だったのですが、お客さんがいっぱい。1人でもまったく問題なく入れます。ファーストフード的にすぐ出てくるはず(私以外そうでした・・・)ですが、なんと、私のオーダーが入っておらず10分近く待ち、「おかしいなぁ。。。」と思って、周りを見てみると、明らかにさっき入ってきたお客さんにすでに料理がでている。注文を通したお兄さんに「あのー餃子ククスまだなんですか?」と聞いたら「確認します」といったまま5分経過・・・。
「少々お待ちください・・・」とかもなく・・・。結局どうなったのやらわからずじまい。

「おいおい・・・さすがに、これはよくない!!」と思って「ちょっとーーー!!まだなんですか?」と聞いたら「1分だけ待ってください。。。」といわれて1分後に出てきた。
一緒に持ってきた伝票を見たら、5分前の時間。

やっぱりオーダーが通っていませんでした!!
味は、おいしいです。メニューもいっぱいあるし、日本語があったかどうかわかりませんが、全部写真つきなので、読めなくても注文できます。
※写真なんて、撮り気分なしでした・・・。

注文が通っていないときの、もっとよい言い方があれば、知りたいものです。
マンドゥククスは5,000ウォン。満腹です。


「ロッテシティホテル麻浦向かいのポジャンマジャ」(名前不明)
ファミマだったかのコンビニの前にあったと思うけど、ホテルの前の横断歩道を渡ってすぐのところにある「トッポッキ」と「オデン」の屋台。

日本人も多くくるようで、天井には、日本語の落書きがいっぱい。写真も日本人で日本語いっぱい。
「トッポッキとティギムCセット」が驚きの2500ウォンという安さなのに、美味し。
念願のティギムだったのに、トッポッキのたれにまみれて、味はわからなかったけど、トッポッキとオデンおいしかった~。とくに、トッポッキに入れる玉子って、最高だ!!
オデンと合わせて二人で5,000ウォンという恐るべき安さ

どうやら人気のお店らしく、なくなったら閉店しちゃうらしいので、ご注意を。
※安東を日帰りしたため、ヘトヘトで、写真はすっかり忘れていました。

ティギムを食べるなら、反対方向(明洞へいくバス停がある方向で、明洞行きのバス停の向かい)にある「天ぷら通り(ティギムどおり)」で食べるほうが、よいでしょう。

「スンヒのピンデトッとマヤクキンパッ」

鐘閣から仁寺洞を過ぎて、東大門へ向かう途中にある「広蔵市場」

その中にある有名店「スンヒのピンデトッ(スンヒの緑豆チヂミ)」
ずらーっと食べ物の屋台が並ぶ区域にチヂミを焼いている区画があります。そのあたりにオレンジ色の看板をしたお店。
看板
店頭では持ち帰り用のチヂミを焼いています。

「チヂミには、マッコリ」というのが定番らしく、みんな大体マッコリ飲んでます。
メニューは、「ピンデトッ」と「肉団子」

ピンデトク

空いている席に勝手に座り、注文します。
表で焼いていたチヂミをみて、「これくらいなら食べられるねえ」と注文した「ピンデトッ」は、実は「肉団子」だった模様。
団子というか、おもいっきしチヂミなんだけど、ピンデトッは、一回りも大きく、しかも2枚出てくるので、2人で1つの注文で十分です。
食べきれず、あえなく持ち帰りました。
「ポジャンへジュセヨ(包装してください)」といえば、アルミホイル持ってきてくれます。

次回は「肉団子」食べてみたい・・・。サクサクしていてピンデトッおいしいです

同じ、食べ物どおりにある「マヤクキンパ」を売る屋台。
正式名称は「コマキンパッ」(子供キンパブというか、小さなキンパブというか・・・)
マヤクキンパプ
日本語と同じ、「麻薬」という意味ですが、キンパッについてくる、タレ(お酢だと思うのですが・・)が病みつきになるらしい。
チヂミで満腹だったけど、小さいので割合食べられます。
1パック2,500㌆。

チヂミが2枚で3,000ウォンだったことを考えると、割合高いかな・・・。


「チャンディ ワ ソナム」
弘大(ホンデ)にある、ブックカフェ。ここ、めっちゃ最高。今回の旅の大収穫。

これも、konest様様。
2号線弘大入口の1番出口をでて、まっすぐ進むと、瓦の建物のガソリンスタンドがあります。
そこを右に曲がって、少しいくとTGI FRIDAYSというレストランがあるので、そこを少し過ぎたところにあるカフェ。

いつも反対側の5番出口方向でしか弘大をめぐっていなかったので、初出没地帯です。

ブックカフェというくらいなので、ブックが置いてあるわけです。
(ただし、本の前にも席があるので、そこに人が座っていたら、「ちょっとすいませんねえ」的な感じで、本をとりに行かなければなりませんが・・・)

ゆったりとした空間に、パソコンが設置されている席が数席、もちろん電源があるところなら、パソコンを持ち込んで作業するもよし、おいてある本をお茶を飲みながら読むもよし、テラスでのんでもよしそしてそして、奥には、フットバスが出来るスペースまで。
カフェ1


フットバスしながらお茶飲んでもいいんです(タオルもちゃんとおいてあります)
カフェ2(写真の向こう側にフットバスブースがあります)


レジの向かいと横には、雑貨が売ってあるスペースもあり、何時間でも過ごせる空間
いろいろ考えるのが面倒なので、いつもどこでもきまって頼む「カフェラテ
飲み物だけ頼んでも、小さなクッキーをひとつつけてくれます
完全に「ごゆっくりどうぞ」って感じでしょ?

カフェラテは、4,300ウォン。で、まったく良心的なカフェです。
実際・・・3時間を過ごしました(笑)
もちろん、本はすべて韓国語、手前にお客さんが座っていることもあり、適当に手に取った本は、なんと中谷彰宏さんの書いた「30代にやらなければならないこと」の翻訳版。

なんて、タイムリー(爆)読みふけりましたが、電子辞書片手に全て読破するには語学力不足で、数十ページで飽きて、昼寝したり、雑貨コーナー見に行ったり有意義な時間でした。

弘大の学生さんだけでなく、年配の人や、サラリーマンまで、年齢層幅広しです。

「高速バスターミナルのフードコート」
困った時の強い見方です。

私の泊まっていた「三成」から、地下鉄だと乗換えが必要なのですが、バスだと1本。楽チンです。
確実に誰かが降りるだろうし、外をみたら「高速ターミナル」とわかるので、バスに乗っていってみました。
高速バスターミナルって、広いから半日以上滞在できます。なので、ここでお昼を。

ビビンパ
興味本位に「石焼チーズビビンパ」を注文。
結論、ビビンパに、チーズは不要(爆)


ほかにもサムギョプサルとか食べたんですが、店名不明のため割愛します^^。

次回は・・・何を書こうかな・・・。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://morningstar23.blog76.fc2.com/tb.php/138-fbf34437

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。