♪ただいまの時刻は・・♪


♪記事♪

  • スポンサーサイト
  • ♪Timくんに会いに1♪(釜山コンサート)
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年09月15日 (月)
  • 20時35分03秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy

♪最近のコメント♪

データ取得中...

♪カテゴリー♪


♪過去の記事♪

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@


プロフィール

♪みー♪

Author:♪みー♪
k-popバラード歌手Timくん大好き。
最近は、遠くの親せきみたいです(笑)

気まぐれ更新です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
期間:2004/10/2~10/4
目的:Tim「Second Breath Concert」観覧
人生で初めての一人旅in korea

2004/10/2
メインは、3日にあるコンサートを見に行くことでしたが、スケジュールによると、
ちょうど「m.net」の公開録画が釜山教育大近くのサジク体育館というところで行われることになっていたので,12時に釜山港に到着後,翌日の市民会館までの時間を予行演習して、近くの博物館を観光して現地へ。
駅を出てからの道のりが、全くわからないので、タクシーに乗る。
運転手は30代くらいの方でしたが、行き先を言うやいなや
運ちゃん「誰見に行くの?」
私「Tim」
運ちゃん「Tim??(知らない模様・・)どっからきたの?」
私「日本です」
運ちゃん「わっはっはっは。一人できたの?」
私「はい・・・」
運ちゃん「彼氏と来なきゃ~~」
私「はっはっはっは」

ようわからんけど、ほぼ韓国語できない私と、韓国語でしゃべりまくる運ちゃん。何気に盛り上がりました。
運ちゃん「体育館はあそこだよ~」
私「ありがとうございました」

到着すると、予想通り,会場は制服をきた中高生だらけ。
こういう番組の観覧に行く人は、中高生が大半なのです。
ちょっと場違いな感じもしたけれど,近くの高校生の列に加えてもらって,4時間待ち。ちなみに,その高校生たちは,イ・スンギくんのファンでした。セブンも日本進出前最後の活動とあって,本当に人であふれていました。20時に開場。Timくんはラスト2番目(ラストはセブン)で「イヤギ」を歌いまいた。豆粒にしか見えなくて,スクリーン越しだったけど,確かに聞こえる「イヤギ」そして、確かに、たって歌っている「生Timくん」

(2004/10/3)
PM3時。釜山市民会館。「あー本物のTimに逢える」と思うと,足早になります。人がいっぱいで,当たり前だけど,皆がTimを見に来ている。この光景は夢のような光景なんです。
 友達にとってもらったチケットは前から4列目。
普通の市民会館でほんとにほんとに近くって,声も出ず・・ただただ友達に感謝するばかり。
初めて見る韓国のコンサートは本当に楽しかったです。私の横を通り過ぎる場面もあり,感激のしっぱなし。1回目終了。
2回目の19時まで少し時間があるので,勇気を出してファンクラブらしき集団に挨拶に行ってみることにしました。メチャクチャ緊張。受け入れてもらえるのかの不安と,言葉を知らない不安と入り混じっていたけど,周りにTimペンはいなかったので,少しでもお友達ができたらという気持で飛び込みました。たまたま日本語のできるオンニがいて,全て通訳が可能という幸運に恵まれながらも,自分の語学力の無さにちょっと凹んだりもして・・しかしみんないい人で,カップめんをみんなでたべて腹ごしらえ。

PM7時:2回目公演 今回は3列目。途中のゲストコーナーで、「今日が誕生日だ!」と言う人に、ゲストが持ってきていたTimの2集CDに裏にいるTimからサインをもらってプレゼントをする。というコーナーがありました。
と、幸運なことに,最前列にいたファンクラブのオンニが、「日本から来ている人がいるから、1枚あげて~」と叫びました。
周りの客に、私が日本人であることがばればれでしたが、舞台に持ってきていたCDとは別に、用意していただいて、私の名前入りサインCDをいただけることになりました。感激どころではなかったことを今も覚えています。が、帰ってよく見ると、名前が1文字違っていた・・・・(アイゴー)。後半には,ファンクラブ席の高校生が席を交代してくれて,ファンクラブ席でTimを正面に見ることもできました。

終了後,Timくんのお見送り。マネージャーさんが運び出している、さっきまでTimくんが来ていた衣装を、手伝うふりをしながら、触ってみたりもしました。

初韓国コンサート。見るものすべてがはじめてなのに、雲の上にいた「Tim」から、まさかのサインまでいただいて、ほんとにほんとに夢のような一日と,韓国人の暖かさにふれた1日でした。

サインCDを手に最大限の注意を払って出国。我が家の宝箱に眠る。



「Timくんに会いに2」をみる
関連記事
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。